スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇について

こんばんわ!また森です
なるべく頻繁に更新するようにしていきます。

今回は演劇用語についてお話しようかとおもいます。

今年の文化祭は劇をやるわけですが、正直みなさんは演劇を

観たことないと思います(国高祭のは除いて)

ですので用語とか知らないじゃないのかってことで、ここにダラダラ書いていきます。

[あめんぼ]・・・定番発声練習法の1つ「あめんぼあかいな あいうえお~」ってやつです。

[暗転]・・・照明を焚かず暗くすること。場面転換の際に用いる。

[息ゼリフ]・・・声にならない、ため息のような声。下手な役者にありがち。

[外郎売り]・・・定番発声練習法の一つ。ういろううりと読む

[エチュード]・・・役割と設定だけを決めて、即興で演じられる劇。役者の定番練習法の1つ

[大道具]・・・建物・樹木・岩石など、出演人物が手にとることのないもの。手のとるものは小道具。

[カーテンコール]・・・本編が終わった後、役者が全員出てきて、お客に挨拶すること。

[返し]・・・同じ場面を繰り返し稽古すること。「今の場面を返しでやって」という風に使う

[上手]・・・客席から舞台を見て右方。かみてと読む

[ゲネプロ]・・・本番と同じ進行で行う稽古。

[サスペンションライト]・・・舞台上部に吊り下げる照明器具。

[地あかり]・・・舞台全体を明るくするための基本の明かり。時間や季節を表したりもする。

[シーリングライト]・・・客席の天井にある照明器具。前から明かりを当てることで、役者の顔がオバケになるの            を防げる。          

[下手]・・・客席から舞台を見て右方。しもてと読む

[立ち稽古]・・・台本をはなして立って稽古をすること。最初は台本を持ったまま立ち稽古をする場合もあるが、        それを半立ちという。

[場当たり]・・・役者が舞台上の立ち位置や仕込みの具合を確かめたり、照明や音響の具合を確認するための通し           稽古。

[ハケ]・・・退場すること

[明転]・・・舞台上のどこかに明かりを残したまま、場面転換をすること。

[溶暗]・・・だんだん暗くすること。フェードアウト

[溶明]・・・だんだん明るくすること。フェードイン

[C.F.]cross fade・・・クロスフェード。1つの映像・音声がフェードアウトするのと同時に、他の映像・音声が
             フェードインすること。

[C.I.]cut in・・・カットイン。照明や音、映像を急に入れること。

[C.O.]cut out・・・カットアウト。照明や音、映像を急に消すこと。

[F.I.]fade in・・・フェードイン。照明や音、映像を少しずつ入れていくこと。

[F.O.]fade out・・・フェードアウト。照明や音、映像を少しずつ消していくこと。



こんなものでしょうか ほんとはもっとあるそうですが。使いそうなのはこのくらいです。
今日はこのへんで

コメントの投稿

Secre

アクセス数
プロフィール

さとうけんじ

Author:さとうけんじ
2011年度都立国立高校3600。
国高きっての茶番クラス。
平成21年4月発足後、目に
見えない何かを着々と積み
上げてきた。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
検索フォーム
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。